現在位置:

サニメドコラム 猫の慢性腎臓病について

サニメドコラム 猫の慢性腎臓病について

多くの猫たちが通る道

動物病院

猫を飼っている方なら一度は聞いたことのある病気、慢性腎臓病。
慢性腎臓病は、高齢の猫にとても多く発生する病気です。

そして、治ることのない病気でもあります。

少し昔の報告では、がんを除くと、慢性腎臓病が最も一般的な死亡理由ともされています。

一度診断をされたら、一緒に生きていくしかない病気、
この慢性腎臓病と生きていくために、私たちができることは一体何があるんでしょうか?

慢性腎臓病っていったいどんな状態なの?

猫の寝顔 慢性腎臓病は、腎臓の機能が落ちる病気です。

腎臓は、尿を作ることで、日々体内で生まれる老廃物を体の外にだしています。
その他にも、血圧のコントロールをしたり、赤血球を作るホルモンを出したりと、体のバランスを保つための大事な働きをしてくれています。

慢性腎臓病は、いわば、これらの働きが弱ってしまうこと。

なので、老廃物が体にたまりやすくなってしまったり、血圧が不安定になったり、貧血が起きてしまったりします。
目に見える症状としては、食欲不振や元気消失などが最も一般的ですが、初期には症状がないこともしばしばあります。

それは、腎臓がとっても頑張り屋さんな臓器だから。

腎臓は一部で働きが落ちてしまっても、残った元気な腎臓が今まで以上に頑張って働いてくれます。
なので、慢性腎臓病の初期は、症状がでてこないことも多く、あっても少し尿の量や飲み水の量が増える、などの微細な変化しか現れないことも多いのです。

しかも、頑張り屋さんゆえ、残った元気な腎臓も働きすぎることでどんどん弱ってしまいます。

そのため、症状が目に見えていなくても少しずつ進行し、猫たちの最後の瞬間まで、付き合っていく病気となってしまいます。

この慢性腎臓病、人や犬に比べると、猫たちにとっても多い病気なんです。

病気の原因としては、感染症やがん、投薬などが挙げられることもありますが、ほとんどの場合は不明で、年を重ねることに伴って発症しています。

そんな中、2016年に日本の研究グループが、なぜ猫たちに多いのか解明した、という発表をしました。

その発表によると、猫たちは、ちょっとの腎臓への傷害を修復する力が弱いんだそうです。

人や犬だったら自分で修復するような傷も、猫たちは治せない。
繊細な猫たちだからこそ多い病気なんですね。

慢性腎臓病と食事の関係

フードボール

慢性腎臓病は治ることのない病気、とお伝えしましたが、進行を遅らせることはできます。

その一つの治療に、食事療法があります。

この慢性腎臓病のための食事を与えた猫たちでは、生存期間が伸びるという報告があるのです。
実際、慢性腎臓病を患っていても、高齢まで頑張ってくれる猫たちはたくさんいます。

慢性腎臓病の際には、ほとんどの段階でこの食事療法が適用となり、
明らかな一般状態の低下がみられるまでは、食事の継続が勧められています。

もちろん、血圧のコントロールをする薬など、投薬の併用がおすすめされる場合もありますが、日々の食事が最も大事と言ってもいいくらい、大切な治療となるのです。

慢性腎臓病のための食事はさまざまな種類が流通していますが、猫たちにとってはそれほど大事な治療です。
必ずかかりつけの獣医さんと相談して、大事な猫たちにぴったりの食事を選んであげてください。

食欲が落ちがちな猫たちにも、美味しい食事を

サーモン サニメドの猫用リーナルは、慢性腎臓病と生きる、全ての猫たちのための食事です。

慢性腎臓病の食事としての基本、タンパク質・リン・ナトリウムの調整はもちろん、良質な油として知られるサーモンオイルも多く添加されています。

このサーモンオイル、体に良いとされるω3脂肪酸をふんだんに含んでいるうえ、サーモンの香ばしい香りが製品を開けた瞬間に広がります。

日本の猫たちはやっぱり魚が大好き。
食欲が落ちがちな猫たちもきっと興味を持ってくれるでしょう。

開けたての香り、美味しさを味わってほしいから、サニメド製品は小分けパックに詰められています。
これも、猫たちが喜ぶポイント。

そして、ずっと継続してほしい食事療法だからこそ、続けやすい価格にもこだわっています。
慢性腎臓病を持っている猫たちも、その猫たちのオーナーさんも、食事の時間が楽しくなるように。
 
美味しい療法食と、生きる。

これがサニメドの猫用リーナルの想いです。

サニメドウェイトリダクション




※サニメドは特定の疾病または健康状態にある犬猫の療法食です。 一般的な維持食とは異なるため、
 必ずかかりつけの獣医師の診断と指導の下で 給与を開始していただくことをお願いしております。

※本製品で体重管理を行う場合、必ず定期的にかかりつけの動物病院を受診し、 痩せすぎには注意をしましょう。

※サニメド取扱い病院はこちらをご参照ください。

 

\犬・猫との楽しい暮らしに役立つ情報をお届け/

フェイスブックページを見る

インスタグラムをフォロー

商品検索

商品カテゴリ

無題ドキュメント
新規会員登録


お問い合わせ


コラムサニメドをお勧めする理由


コラム犬の肥満について


コラム猫の慢性腎臓病について


皮膚の炎症におすすめの食事



ご利用ガイド


フェイスブックページを見る


インスタグラムをフォロー



営業日カレンダー
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
が休業日です。